交換日記

ももちゃん

2016120910

左手を繋いでいるから、右手だけで自転車を押しながら歩くのは少し難しくて、酔っているし眼鏡がすぐに下がる。

 

こうやって 誰かと手を繋ぎながら夜の道を歩いていたことを、忘れたくないと思った。

 

それにしてもなんてわたしはバカなのか。

葛藤葛葛飾区

あーー

なんてややこしいのか。

わたしが好きなのはあの人だ。あの人のそういうことをしないところも含めて好きなのだろう。失望、裏切り、知られたくないけどいつか知られるよ。絶対怒られる。

どうしてこうなった。はやく助けて。ストレージ不足で、頭が爆発してしまうよ。

20160912

いつの間にか私の席から一番遠くに置かれていたはずのそれが、手の届くところにあった。

それはソガさんのメビウスや、ゆくみさんの黄緑のアメスピが空になってしまったせいかもしれない。

初めて見たそれを手に取る。これなんですかと聞いてみると、中国の煙草だよ、と誰かが答えた。ふーんと思って開けてみる。ソガさんが吸ってみなとそそのかす。私は煙草を一本とりだし、近くにあったゆくみさんのライターを手に取る。トントントンと、煙草を机にやったものなら 吸い慣れている と言われてしまうかもしれないと思い、少しもったいぶりながら煙草をくわえてみる。

「煙草吸ったことあるの?一本吸っただけでガンにならないでよ。」

そんなようなことをあの人は私に言った。ふふふ、と笑えてしまった。私が、主にあなたが吸うから煙草に興味を持ってしまったということを、知らないのね。

吸い込んで、吐き出す。

コクがない、旨味ない、とソガさんは言う。よくわからないけど、美味しいほうではないなとなんとなく思った。

何かに気付き、何かをしなくてはならなくて灰皿に煙草を置いて席を立った。戻ると煙草は小さくなっていて、残念だなと思いながら揉み消した。

その後もう一度吸っても不自然じゃない距離にあったから、一本取り出して吸ってみる。

気に入った?いやあそれにしても煙草が似合うねえ。昭和ってかんじだよ。20歳上のソガさんが言う。わたし平成生まれなんだけどな。

でもよく言われる。そうなの 煙草が似合うみたいなのよね。そう思いながら一本最後まで吸った。あの人は、どんな顔してただろ。

 

f:id:a110090:20160912220148j:image

 

P.55

刑事はとたん、妻を失うのが怖くなった。そんなことを恐れるのは、若い日に、まだ妻の耳元で睦言をささやいていた頃以来である。しかし今日のそれは当時のような愛情の証としての空想とは真逆の、より切迫した、身勝手な恐怖として迫ってきた。深く愛するものを失うことと、もう確かな愛を感じなくなったものを失うのとでは、悲しみの度合いは比較にならないが、後者の嵌る失意の沼の深さもまた計り知れない。

20160829

毎日のように連絡をとったり、毎週のように会ったりしていると、それがもし滞ったときに、自分が少しぐらつく。これがきっと依存ってやつだろうか。

依存、したくないし

人の重みになったり、余計なこと言ってしまったり、関係が壊れてしまうかもしれない。それから過去の反省もあり、私は自制する。わたしはひとりで、わたしはわたしと生きていくしかないのだと

本当のところ自分を助けてあげられるのは自分なのだと?

いうようなことを考えたり。人との距離は難しい。本当はとても身を預けたいんだろうな。でもそうもいかないのよ

あー うん。

おわり 8月もさよならからー

 

20160815

(P.200)戦後すぐ、アサヒグラフの編集長になった飯沢匡先生は、日本がアメリカから独立した日に、それまで、机の引き出しにかくしてあった、広島の原爆の写真を、アサヒグラフに、のせた。これが、世界に最初に紹介された、原爆の恐ろしさだった。日本人も、それまで、見たことのない、原爆の、写真だった。

 

(P.253)カメラマンは、朝日新聞の秋元啓一さんで、のちにベトナム戦争の報道写真を、沢山、撮った人だけど、この頃は、呑気に、トットの写真なんかを撮りに来てくれていた。

 

Circulator(サーキュレーター)

「循環器」「循環させるもの」という意味

2001年8月1日発売 4枚目のアルバム

 

淵田美津雄とジェイコブ・ディシェイザー

息子がベトナム戦争枯葉剤を浴びた。

自身は晩年重度のパーキンソン病に。

日本フリーメソジスト教団名古屋守山キリスト教会は、ヤコブ・ディシェイザー宣教師により1959年に開設。

 

嘉納治五郎

1937年盧溝橋事件から日中戦争に発展。

1940年幻の東京オリンピック

 

20160808

何にでもなれるのにな、と思う。

何にでもなれるのに、何にでもなれるのにどうして何にでもならないんだろう

わたしたち

わたしとあなた

頭がいっぱいで、夏は嫌だ。早く寝て忘れて

P.24

郵便受け

「マンモスの夢を見ると、次の日、必ずいいことが起こる」これが、このころのトットの得意な話だった。そして、事実そうだった。だから、トットをよく知ってる人は、

「どう最近、マンモスのほうは。出てる?」と聞くくらいだった。